借金にまつわるアレコレ話

一時期、かなりお金を借りることにハマっていた時期がありました。
当時は欲しい物がたくさんあったり、とにかく遊びつくしたいと思っていて給料日までにそれまでの蓄えの殆どを使ってしまうような生活を送っていました。
おかげで、月の1週目が終わるともうお金を借りて、それを使って生活をしていたようなものでした。
ですが、金利も安く、そこまで多額のお金を借りなかったので、毎度の給料日で全部返済をすることができていたのですが、そんな生活に慣れてくると、金利が安いからもっと大きなお金を借りても大丈夫なんじゃないか、と思って、どんどんお金を借りるようになりました。
それでわんさか湯水のようにお金を使うようになって、気が付けば、給料日のその月の間に、貯えも全部使ってしまうようになり、翌月の給料日でお金を返すことができなくなってしまいました。
公共料金なんかも全部お金を借りて払って、借金が命綱みたいな感じになっていたのですが、給料日になってもお金を返すことができなくなって、ついには融資を受けられなくなってしまいました。
このままだとダメだと思って、親に泣きついて借金を全部支払ってもらったのですが、子供の時以来にこっぴどく怒られてしまいました。
なんとも情けない事です。
けれど、そんな情けない事態に陥ったのも、自分が金利が安いから、給料日には全部返せるからと油断してお金を借りつづけていたせいです。
いくら少額融資でも、積もり積もれば大きな金額なりますし、使っている内に金銭感覚がマヒしていくので、借金をするなら金利が安いからと油断をして借りまくらないようにした方がいいですよ。

これからお金を借りようと思っている人にアドバイスするならお金は消費者金融やカードローンを利用して借りるのが賢明です。

 

それはどうしてかというと、お金を借りる際にはできるだけ知らない相手から借りた方が良からです。その理由は簡単で知っている人からお金を借りるとほぼ必ず後悔する事になるからです。

 

ですから、お金を借りるなら消費者金融やカードローンを利用して借りるのが一番手っ取り早くてしかも後腐れないです。少なくとも私はこれまでにお金を借りてきた中で一番精神的に楽に感じたのは消費者金融やカードローンを利用して借りて時でした。

 

ですから、これからお金を借りようと思っているなら利息の支払いをケチらずに素直に消費者金融やカードローンを利用して借りるのが良いです。

 

少なくとも上記の2つからお金を借りれば誰からも白い目で見られる事もなので本当におすすめです。ただ、中にはこの方法でお金を借りる事に抵抗を感じる人もいるかと思います。

 

確かにその気持ちは理解できますが、それは昔の消費者金融のイメージがあっての事ですので
今はそういう悪質な消費者金融もかなりなくなっているのでちゃんとした所から借りれば大した利息を払わなくてもお金を借りれるのでぜひ消費者金融やカードローンを利用して借りるべきです。

私が10代後半の頃、両親共に働けなくなったので、私が両親と兄弟2人を養うことになったのです。
まだ高校三年生でしたから、普通に働きに出ることが出来ず、早朝は新聞配達をし、学校から帰宅すれば倉庫内作業のアルバイトをする日々です。
それだけでは家族5人の生活費を稼げないので、近所の知り合いに借金をする他ないです。
親族とは疎遠ですし、私が若いですから、お金を貸してくれるような友人・知人も他にいないのです。
お金を貸してくれる近所の方に少しでも早く返済できるようにと、学校が休みの日は、早朝から農家より野菜を直接仕入れて、リアカーにその野菜を載せながら行商をします。
かなりの薄利多売ですが、休日の土日を使えば多くて1日2万円は稼げます。
また、農家からスーパーや八百屋に卸せない形の悪い野菜や少し色が変色した野菜を無料で頂けるので、家族の食事にそのまま使えます。
借金の量はそれほど多くはなかったのですが、家族が5人で、稼げるのが高校生の私だけです。
また、兄弟は高校受験を控えてましたので、2人の養育費を貯めておく必要もあり、借金の額以上にプレッシャーを感じます。
それでも、なんとか高校三年の一年間をクリアできると、すぐに就職ができたので、近所の方から借りてた借金も返済が出来て、両親にも簡単な内職をするようにしてもらうようになり、一旦、借金返済の不安は消えたのです。

共働きで夫は家事や育児を手伝ってくれないのでイライラしていました。ストレスがたまり、買い物依存症になってしまいました。買い物をしている時はとてもスッキリして楽しい気分なのですが、帰宅してたくさんの買い物袋を見ると暗い気持ちになります。それほどほしくないものを買ってしまったと思うんですよね。すごく後悔をします。

 

自分の貯金から買い物をしていたのですが、お金が底をつき、消費者金融を利用して借金をするようになってしまいました。夫は単身赴任をしているので、時々帰ってきます。だから私のこのような状態にまったく気づかず、二年ぐらいが過ぎました。でもあることがきっかけで借金をしていたことがバレてしまいました。夫はとてもびっくりして最初は怒りましたが、私の心が病んでいることがわかったようで、私も単身赴任先に子供を連れて一緒に行くことになりました。

 

消費者金融を利用していることは両親にも伝わってしまい、返済できなくなっていたので両親が代わりに返済をしてくれました。迷惑をかけたのでとても辛かったです。でも借金をしていることがバレたので、すごくホっとしました。借金をしていることは悪いことだと思っていたので。その後は借金をしていません。

不景気の影響もあって、たくさんの方々が生活費にお困りの状況ではないでしょうか?私もその中の一人でして、かつて、消費者金融でお金を借り借金を作ったことがありました。
生活をしていくためにはどうしてもお金が必要でしたし、借りるあてもほとんどなく、私は消費者金融でお金を借りることにしました。

 

当然、消費者金融でお金を借りるのは気軽にはできませんし、金利などを考慮しても、できれば借金をしたくはなかったのですが、生活費がなくて困っていたので、消費者金融に頼ったのです。そのときに消費者金融で借りた金額は50万円です。もちろん、利子などを含めるとそれ以上の金額を返済していかなければなりません。

 

そのため、月々借金を返済していくのがけっこう大変でしたし、借金を抱えていると精神的にも悪いために、どうしてもマイナス思考になることもたくさんありました。
しかし、何としても借金を返済しようという気持ちはありましたし、延滞しないように、借金を期限内に返そうと必死でした。何とか無事借金を返済することができましたし、今となっては、あのとき消費者金融でお金を借りてよかったと思えます。
やはり、借金の大変さを改めて実感できましたし、より借金をしないようにしていこうと思うようになりました。

若い時はいろんな人に借金をしていました。借金の原因はギャンブルだったのです。私はお給料が入るとすぐに、パチンコをしていました。少しでも多く増やそうと思っていたのです。毎月借金の返済があるので、お給料だけでは足りないのです。少しでも多く増やさないと、借金の返済もできないし生活だってできないのです。
でもギャンブルなんて毎回思うようにはいきません。勝つときもあったら、負ける時だってあるのです。だから結局は借金だけが残っていくのです。
そのために友人や同僚、先輩や両親にお金を借りました。総額にするといくらになったのでしょう。怖くて計算できません。いまだに返す事ができない借金だってあると思います。もう忘れてしまっているのです。
私は決めたのです。二度と借金はしないと決めたのです。あんなにも辛い思いは申したくありません。そして周りにだってもう迷惑はかけたくはないのです。だから私は誓ったのです。もう二度と誰からも借金はしないです。
借金で失ったものがい合いあります。当時付き合っていた彼女も離れていきました。友人もです。そして会社にもいづらくなって辞めました。私は借金のせいで、たくさんのものを失ってしまったのでした。

カードローンにてお金を借りたいと思っている方の数は、大変多いのではないでしょうか。最近ではCMなどでよく宣伝も見ますし、気になっている方が多いというのも無理のないことかと思います。しかし初めてカードローン利用をしようと思った方の場合には、まずは数あるカードローンの中からどのカードローンを利用するか、選択をしなくてはいけません。これが意外と難しく、なかなか選べないという方も多いようです。
おすすめの方法としては、比較サイトを参考にするという方法です。比較サイトならば、自分で一つ一つのカードローンを調べる必要がなく、そこを見ただけで色々なカードローンの特徴などを知ることができます。なので、自分の場合にはどれが良いのかというのが、とても選びやすいと言えるでしょう。
また、評判なども調べれば、いざ使ってみた思ったより良くなかった、なんていう失敗も防ぐことができます。このように比較サイトや口コミサイトを利用することによってカードローンは非常に選びやすくなりますから、これからカードローン利用をお考えになっていて、カードローン選びで悩んでいたという方々は、参考になさって損はないと思います。お役に立てれば光栄です。

闇金と聞くとみなさんはどのようなイメージを持たれるでしょうか。実は私は大学生のころに闇金を利用してひどい目に遭いました。今日はそのときの体験談を記したいと思います。きっかけはギャンブルでした。大学時代はかなりギャンブルに依存しており、親からの仕送りだけでなく、アルバイトで稼いだお金、さらには友人からも借金をしてまでギャンブルをしていました。時には勝つこともあり、そうした快感からなかなかギャンブルをやめることができませんでした。
しかし、最後にはついにお金がなくなり、友人からの借金も返済ができなくなり、どうしようかと考えていたときに闇金のチラシを見かけ、思わずそこに記載されている連絡先に電話しました。そして、5万円を借り入れました。
それを元手に増やそうと思ったのですが、もちろん負けました。そして返済日になり、その5万円の返済も延滞しました。そうしたところ、ちょっと怖い人たちが家に訪ねてきました。そして、5万円の元本が金利もつき、合計で20万円になっていました。そして、私の家だけでなく両親の家まで取り立てに行き、親に借金がばれてしまいました。借金の返済は親がしてくれたのですが、親からは半分、勘当され、今でも関係が疎遠になっています。決して、気軽に闇金を利用しないでください。人間関係がずたずたにされます。

お金がない生活をしているうちは何とかしてお金を使わないようにと節約生活をするものですが、一度借金をしてしまうとお金の使い方が変わってしまいます。

 

お金を借りるというハードルを超えるまでは良いのですが、一度そのハードを超えてしまうと借りることへの抵抗が少なくなってしまいます。
今のキャッシングは本当に簡単で、すぐに何十万円も借りる事ができてしまいます。

 

手元にお金があると苦しい生活を続けるのは難しく、お金を使う生活をしてしまうのです。
そして一度借りてしまうのも二度借りてしまうのも大差がないため何度も繰り返し借金をしてしまうのです。

 

また、この時に別の会社からお金を借りてしまう場合が多いのです。
別の会社から少しずつ借りる事で自分でもいくら借りているのかわからず借金がどんどん膨らんでいきます。

 

そして、ある程度借金が膨らむと今度はまともに働いて借金返済することがとても難しい状況になります。
そのためギャンブルに走ったり、開き直って遊びまわったり、金銭感覚が大きくずれてしまうのです。
ここまで金銭感覚が狂ってしまうと一人で状況をよくするのはとても難しくなります。

 

自己破産などで借金を整理することができても、狂ってしまった金銭感覚はなかなか戻すことができません。
キャッシングは確かに便利ですが、上手に使わないと人生を狂わせる原因にもなります。
利用の際にはよく考えましょう。

借金は家族ならそれほど抵抗感なく貸し借りができる間柄ですが、貸すときにはしっかりと借用書を書くのを忘れないようにしてください。というのも、私が過去に兄にお金を貸した経験から、借用書があったほうが確実に相手からお金を返してもらえるということです。お金を借りる側は、借りるときは何としてでも借りようとします。そのため、必死になったりため息をついたり、泣きそうな顔をしたりします。それはまあ家族なのでしょうがない部分もあるのですが、返してくれと言ったときの嫌そうな顔を、私は忘れることができません。

 

「何で返さなきゃならないんだ」
そう言わんばかりに顔をしかめる兄を見るにつけ、
「ああ、やっぱり貸さなきゃよかった」
と思ったものです。

 

変な話ですが、お金は借りる側はいったん借りてしまえば、後はどうなろうが知ったことではないという感覚を持っている人もいるのです。兄がまさにそのタイプだったのですが、借りるときだけ必死な顔をして、借りたら返すときのことは考えていません。そのときだけ何とかなればよいと思っているため、借用書を残しておくことはとても重要なのです。

 

私はお金を貸すときに嫌な予感がしたため、いくら借りたか、いつまでに返すかといった借用書をしっかり書いてもらい、判子も押してもらいました。ここまでしないとお金を貸すことはしてはいけないのです。特に家族ならなおさら、きっちりと書いてもらうようにしましょう。