借金にまつわるアレコレ話

闇金と聞くとみなさんはどのようなイメージを持たれるでしょうか。実は私は大学生のころに闇金を利用してひどい目に遭いました。今日はそのときの体験談を記したいと思います。きっかけはギャンブルでした。大学時代はかなりギャンブルに依存しており、親からの仕送りだけでなく、アルバイトで稼いだお金、さらには友人からも借金をしてまでギャンブルをしていました。時には勝つこともあり、そうした快感からなかなかギャンブルをやめることができませんでした。
しかし、最後にはついにお金がなくなり、友人からの借金も返済ができなくなり、どうしようかと考えていたときに闇金のチラシを見かけ、思わずそこに記載されている連絡先に電話しました。そして、5万円を借り入れました。
それを元手に増やそうと思ったのですが、もちろん負けました。そして返済日になり、その5万円の返済も延滞しました。そうしたところ、ちょっと怖い人たちが家に訪ねてきました。そして、5万円の元本が金利もつき、合計で20万円になっていました。そして、私の家だけでなく両親の家まで取り立てに行き、親に借金がばれてしまいました。借金の返済は親がしてくれたのですが、親からは半分、勘当され、今でも関係が疎遠になっています。決して、気軽に闇金を利用しないでください。人間関係がずたずたにされます。

お金がない生活をしているうちは何とかしてお金を使わないようにと節約生活をするものですが、一度借金をしてしまうとお金の使い方が変わってしまいます。

 

お金を借りるというハードルを超えるまでは良いのですが、一度そのハードを超えてしまうと借りることへの抵抗が少なくなってしまいます。
今のキャッシングは本当に簡単で、すぐに何十万円も借りる事ができてしまいます。

 

手元にお金があると苦しい生活を続けるのは難しく、お金を使う生活をしてしまうのです。
そして一度借りてしまうのも二度借りてしまうのも大差がないため何度も繰り返し借金をしてしまうのです。

 

また、この時に別の会社からお金を借りてしまう場合が多いのです。
別の会社から少しずつ借りる事で自分でもいくら借りているのかわからず借金がどんどん膨らんでいきます。

 

そして、ある程度借金が膨らむと今度はまともに働いて借金返済することがとても難しい状況になります。
そのためギャンブルに走ったり、開き直って遊びまわったり、金銭感覚が大きくずれてしまうのです。
ここまで金銭感覚が狂ってしまうと一人で状況をよくするのはとても難しくなります。

 

自己破産などで借金を整理することができても、狂ってしまった金銭感覚はなかなか戻すことができません。
キャッシングは確かに便利ですが、上手に使わないと人生を狂わせる原因にもなります。
利用の際にはよく考えましょう。

借金は家族ならそれほど抵抗感なく貸し借りができる間柄ですが、貸すときにはしっかりと借用書を書くのを忘れないようにしてください。というのも、私が過去に兄にお金を貸した経験から、借用書があったほうが確実に相手からお金を返してもらえるということです。お金を借りる側は、借りるときは何としてでも借りようとします。そのため、必死になったりため息をついたり、泣きそうな顔をしたりします。それはまあ家族なのでしょうがない部分もあるのですが、返してくれと言ったときの嫌そうな顔を、私は忘れることができません。

 

「何で返さなきゃならないんだ」
そう言わんばかりに顔をしかめる兄を見るにつけ、
「ああ、やっぱり貸さなきゃよかった」
と思ったものです。

 

変な話ですが、お金は借りる側はいったん借りてしまえば、後はどうなろうが知ったことではないという感覚を持っている人もいるのです。兄がまさにそのタイプだったのですが、借りるときだけ必死な顔をして、借りたら返すときのことは考えていません。そのときだけ何とかなればよいと思っているため、借用書を残しておくことはとても重要なのです。

 

私はお金を貸すときに嫌な予感がしたため、いくら借りたか、いつまでに返すかといった借用書をしっかり書いてもらい、判子も押してもらいました。ここまでしないとお金を貸すことはしてはいけないのです。特に家族ならなおさら、きっちりと書いてもらうようにしましょう。

借金に関する情報を調べると、たまに自転車という表現が用いられる事があります。簡単に申し上げれば、返済をする為にどこから借りるパターンです。
例えばある金融会社Aから借りているとしましょう。もちろんそれは、最終的にはA社に返す必要があるでしょう。
ところがA社に対する返済が、なかなかスムーズに行かない事もあるのです。その理由は様々ですね。毎日の生活での出費が多すぎることもあれば、A社の金利が少々高すぎることもあります。
そのような時に、人々はたまにB社から借りている事があるのです。つまりA社の借金を返済する為に、B社から借りるパターンですね。それは、たまに自転車操業と表現される事があります。
ただそれは、ちょっと注意を要します。そもそもB社からスムーズに借りる事ができるとも断言できないからです。というのも金融会社は情報共有をしている事が多いので、B社から借りている事実はA社に伝わっている事も多々あります。それでB社からの借り入れが難しくなる事もしばしば有るのですね。
そしてB社から借りだからといって、必ずしもスムーズに返済できている訳でもないようです。ある方はA社から返す為にB社から借りているのですが、「かえって返済が大変になってしまった」と感じているようです。
ですので自転車の借金は、ちょっと慎重に検討するべきでしょう。

おじいちゃんの話で、昔は大きな会社を経営していたようですが、保証人になったことで会社を丸ごとなくしてしまったと言っていました。
その経験から保証人にはならないようにと言われていましたが、まさかテレビで言っていることが実際に自分の家系であったことにビックリした記憶があります。
もちろん借金取りがやって来て、赤紙を張っていったり、目の前で債務整理をしたりと、今の親父の前で嫌な思いをしたと言っていました。
大手の会社との契約をしていましたが、結局は見捨てられ会社は潰れました。

 

今は、親父が自分で会社を作って仕事をしています。
会社を作る時に本当に、よくやったなと思うのが、何千万という借金で実家の家を担保に銀行からお金を引き出していました。
その借金の金額も、徐々に徐々に増やして行ったそうですが、家を担保にしての借金なだけに、こけた時はまた昔と同じように露頭に迷うことになるのではないかと、こちらが心配してしまいます。

 

今も昔も銀行がお金を貸してくれるのは、自分が儲ける為にお金を貸してくれるのです。
ただで貸してくれる場所はありませんし、今でもそうです。
借金をする金額は大きくても小さくても借金ですが、現金を持っているのと借金があることは全く関係がないことを知りました。
現金があっても大きな借金をしている人がいるし、良い車を乗っていても現金を持っていない人もいるのです。
苦しいですが、サラリーマンは精神的にはとても楽な仕事かもしれないですね。

私は2年前にキャバクラで遊んだ際にかなりの金額のお金を使ってしまったことがありました。その時はクレジットカードで支払いをしたのですが、その後の返済をすることが難しい状態だったのです。少ない貯金を使ってもカードの支払額に足らなかったので、消費者金融のキャッシングでお金を借りることにしました。
私が利用した消費者金融はインターネットから申し込みを行うことが出来たので、すぐに申し込みを行いました。私は今の職場で4年ほど働いているので、安定した収入があることから審査には通るだろうと思っていました。結果的には審査には通り、翌日にはキャッシングを利用できるようになったのです。
カードの返済期日が迫っていたので、急いでお金を借りて自分の銀行口座に入金しました。おかげで無事に支払いをすることが出来たので良かったです。
ただ、消費者金融にも借りた分のお金を返済しなくてはなりません。私のその時の給料では返済額を除いた額で生活が出来るか微妙なところだったので、自分が持っていたゲーム機やゲームソフト、本など売れるものをリサイクルショップなどに売ってお金に変えました。このようなことをしたことで、返済を無事にすませることが出来て、生活に支障が出ることもありませんでした。